アガリの形について

麻雀でアガるためには、ツモる(牌山から牌を持ってくる)、捨てる、鳴く(他の人が捨てた牌をもらう)
という動作を繰り返して4つの面子(メンツ)+1つの雀頭(ジャントウ)のアガリの形を揃えていきます。
「面子(メンツ)」には以下の種類があります。

・順子(シュンツ): 数牌のみで、3つの牌の数字が並び順になっているものです。
・刻子(コーツ): 同じ牌3枚1組のものです。
・槓子(カンツ): 同じ牌4枚1組のもの、刻子の一種として扱われます。

順子(シュンツ)についてもう少し説明します。マンズならマンズ、ピンズならピンズ、ソーズならソーズで同じ種類の数牌が並び順になっているもので、下の例のB,Cは認められません。
例:
A:・・・同じ種類なので
B:・・・種類が違うので
C:・・・8,9、1のような繋がりは認めらないので


雀頭(ジャントウ)は同じ種類の牌を2枚揃えたものです。
 や  など。
このように同じ種類の牌を2枚揃えたものを対子(トイツ)とも呼びます。


上で説明した面子(メンツ)を4つと1つの雀頭(ジャントウ)を揃えればアガリとなります。
以下はアガリの形の例です。
どれも4メンツと1ジャントウがありますね。確認して下さい。






麻雀は最初にアガリになった人だけが点数をもらえます。
高い手を作っていてもアガリにならなければ何もなりません。
麻雀と凧(タコ)はあがってナンボとはよくいったものです。
スポンサードリンク


前のページへ 次のページへ トップページへ