麻雀牌の種類

まず初めに麻雀牌の種類について説明します。
麻雀牌には数牌(シューハイ)と字牌(ツーハイ)があります。

数牌は、万子(マンズもしくはワンズ)

筒子(ピンズ)

索子(ソーズ)

からなりたっています。

字牌は、東南西北の、風牌(カゼハイ)

と白発中の三元牌(サンゲンパイ)から成り立っています。


数牌は1から順に、イー(1)、リャン(2)、サン(3)、スー(4)、ウー(5)、ロー(6)、チー(7)、パー(8)、キュー(9)と呼びます。これは中国の実際の数字の呼び方で、麻雀では中国式の呼び方を用います。
イーワン、リャンワンなどの名称はここで一度に全部覚える必要はありません。徐々に慣れていきましょう。
萬子
(マンズor
ワンズ)
イーワン リャンワン サンワン スーワン ウーワン ローワン チーワン パーワン キューワン
筒子
(ピンズ)
イーピン リャンピン サンピン スーピン ウーピン ローピン チーピン パーピン キューピン
索子
(ソーズ)
イーソウ リャンゾウ サンゾウ スーソウ ウーソウ ローソウ チーソウ パーソウ キューソウ
風牌
(カゼハイ)
         
トン ナン シャー ペイ          
三元牌
(サンゲン
パイ)
           
ハク ハツ チュン            

牌は1種類につき4枚ずつあります。
マンズで9種類×4枚で36枚、ピンズで9種類×4枚で36枚、ソーズで9種類×4枚で36枚、
字牌で東南西北白発中の7種類×4枚で28枚となり、麻雀牌の総数は136枚となります。

これらの牌を組み合わせて、4人の誰が最初にあがるかを競います。
スポンサードリンク


次のページへ トップページへ