ゲーム廻しについて

ここではゲームを進行のために必要な知識の
「試合形式、親と子、局と本場、場と家」について説明します。

・試合形式について
麻雀には半荘戦(ハンチャンセン)と東風戦(トンプウセン)という対戦方式があります。
誰かがあがる、流局(最後まで誰もあがらないこと)までを“局”という単位でとらえます。

半荘戦では、東一局→東二局→東三局→東四局→南一局→南二局→南三局→南四局と進み、
南四局が終わるとゲーム終了です。

それに対して東風戦は東一局→東二局→東三局→東四局で終了するゲーム方式です。
単純に半荘戦は東風戦の2倍の時間を費やします。

半荘戦の東一局〜東四局の前半戦を東場(トンバ)、南一局〜南四局の後半戦を南場(ナンバ)と呼びます。

半荘戦は東南戦と呼ぶこともあります。
Flash麻雀 天聖では東風戦か東南戦かを設定で選択可能です。
東風戦の東四局や、半荘戦の南四局を最終局として「オーラス」と呼ぶことがあります。
最終的に持ち点が多い人から順位が決定します。


・場、家について。
場、家について確認するために麻雀ゲームFlash麻雀 天聖をプレイしてみましょう。
開始すると画面内に「東」と書かれたオレンジ色のプレートがあります。
これが「場」を表しています。
「東」ならば東場(トンバ)、「南」ならば南場(ナンバ)です。

そしてゲーム画面の中央の4人分の点数表示の左に東、南、西、北と書かれています。
これが家(チャ)や、風(カゼ)といわれるものです。
それぞれ、東家=トンチャ、南家=ナンチャ、西家=シャーチャ、北家=ペーチャと呼びます。
中央の点数表示の左下の表示が自分の家(風)になります。
自分が何家なのかを確認するようにして下さい。

場や自分の家(風)は、3枚揃えると「役」になります。
例えば東場で「東」を3つ揃えればそれで1役(1翻)になりますし、
北家で「北」を3つ揃えれば1役(1翻)になります。


・親と子、局と本場について
東家(トンチャ)が「親」で、それ以外の家は「子」になります。
親以外の誰かがあがるか、流局(最後まで誰もあがらないこと)で局が進行し、
親が反時計回りに移動します。
ゲームでは局が進行すると「場」や「家」の表示が変わりますので移り変わりを確認してみて下さい。

親があがった場合は局は進行しません。例えば東三局であれば次の局も東三局のままです。
その変わりに連荘(レンチャン)といって1本場、2本場、3本場というように場数が増えていきます。
Flash麻雀 天聖ではゲーム画面左上の白い点数の棒が場数(何本場か)を表しています。
親が連荘したら、増えているのを確認してください。
その他、流局(最後まで誰もあがらないこと)で親がノーテンだった場合にも、局が進行して本場が増えます。
一本場でツモあがると全員から懸賞金として100点ずつ余分にもらえます。
一本場で他人から出あがりの場合は振り込んだ人から300点もらえます。

親はアガると子の1.5倍の点数がもらえます。
ですので自分の親を連荘(レンチャン)させることが大事になります。
ゲームの進行度合いを「局」と「場」をあわせ、例えば「東二局一本場」などといいます。


----------------------------------------------------------------------------
ここまでの説明で、麻雀をする上での必要最低限の知識はついていると思います。
覚えなければならない細かいことはまだありますが、リアルやネット対戦で徐々に知識を広げていっていただきたいと思います。
最後は麻雀の役について説明いたします。
スポンサードリンク


前のページへ 次のページへ トップページへ