役について

ここでは麻雀の役について説明します。
出現頻度の高い役については赤く表示しています。
たくさん役がありますが赤い役名については優先的に覚えるようにして下さい。

【 一翻役 】

立直(リーチ)
チー、ポン、カンなどをせずに、鳴かないでテンパイをすると場に1000点を出して立直をかけることが出来ます。
その状態でアガると「立直」という一翻の役がつきます。
立直をしたあとには手を変えることは出来ません。

断幺九(タンヤオ)

雀頭、四組の面子全ての組み合わせに一、九、字牌が入っていないもので、一翻役です。
牌の組み合わせに制限はありません。

一盃口(イーペーコー)

一盃口は同じ種類の順子(シュンツ)が「3,3,4,4,5,5」のように同じ並びで揃っているとつく役です。 鳴くとこの役はつきません。

一発(イッパツ)
リーチをかけた後の一巡以内にアガリとなったときに一翻役があたえられるというものです。
ただし、その一巡以内にチー、ポン、カンなどの鳴きが入ったときには、この役は無効になります。

役牌(ヤクハイ)・翻牌(ファンパイ)

役牌(ヤクハイ)もしくは翻牌(ファンパイ)と呼ばれる一翻役です。
役牌になるのは三元牌、場の風、自分の風のどれかの刻子(コーツ)で、
アガったときには「白、発、中、東、南、西、北、ダブ東、ダブ南」のいずれかの役名になります。
東場なら「東」の刻子が役牌になりますし、西家なら「西」の刻子が役牌になります。
東場で東家の場合に「東」の刻子があればアガリ役は「ダブ東」の二翻役となります。

平和(ピンフ)

四組の面子はすべて順子(シュンツ)で、雀頭の対子に符がつかない役で一翻役です。
かならずリャンメン待ちにしなければなりません。鳴くとこの役はつきません。
(以下は平和の条件についてのさらに詳しい解説です)
「符」は点数計算をするときに必要なります。
手の面子や雀頭の形からこの「符」の点数を出し、翻数との兼ね合いでアガリの点数が決まります。
「雀頭の対子に符がつかない」とはどういうことでしょうか。
数牌については対子(トイツ)でもっていても0符です。
白、発、中は対子(トイツ)でもっていると2符になります。
東場の場合、東を対子(トイツ)でもっていると2符になります。
自分が東家の場合、東を対子(トイツ)でもっていると2符になります。
東場で南家の場合、西を対子(トイツ)でもっていても0符になります。
平和にするためには、雀頭の対子は数牌か、「場」や「家」に関係ない字牌(白、発、中もダメ)
にして符がつかないようにする必要があります。

門前清自摸和(メンゼンチンツモホー)
チー、ポン、カンなどをせずに、鳴かないでツモであがったときに与えられる役で一翻役です。

・嶺上開花(リンシャンカイホー)
カンをしたときに引いてくる嶺上牌でアガリとなるとき、嶺上開花といって一翻役が付きます。
役がなくても嶺上開花のみであがることができます。

・海底撈月(ハイテイラオユエ)
海底(一番最後)の牌でツモあがったときに与えられる、一翻役です。
ゲームでは中央に表示される「残り」が0のときにツモあがったときに該当します。

・河底撈魚(ホウテイラオユイ)
河底(一番最後)の牌でロンアガリしときにこの一翻役が付きます。
ゲームでは中央に表示される「残り」が0のときにロンアガリしたときに該当します。

・槍槓(チャンカン)
ポンした牌と同種の牌をツモってきたとき、その牌を加えてカン(加槓=カカン)することができますが、
この時に他家がその牌でロンあがりをすると、槍槓という一翻役が付きます。
なお、自分で手の中で4枚そろえてカン(暗槓=アンカン)した場合や他家の捨て牌をカン(大明槓=ダイミンカン) した場合は、槍槓にはなりません。


【 二翻役 】

・二重立直(ダブルリーチ)
チー、ポン、カンの無い純粋な一巡目にリーチをかけると二重立直となり、一翻アップします。
偶然性の高い役です。

三暗刻(サンアンコー)

暗刻が3個あればつく役です。
暗刻がふたつある状態から、シャンポン待ちの場合は、ツモらなければいけません。

対々和(トイトイホー)

四組の面子全てを刻子で揃えたもので、二翻役となります。この役は鳴いてもOKです。

三色同順(サンショクドウジュン)

萬子・索子・筒子で同一並びの順子を完成させます。
二翻役で、チー、ポン、カンなどで鳴くと一翻になります。
上図の例では萬子、筒子、索子で6,7,8の並びを揃えています。
残りの牌の組み合わせや、テンパイの形に制限はありません。

一気通貫(イッキツウカン)

同じ種類の数牌で、123、456,789の順子を完成させます。二翻役となります。
鳴くと一翻になります。残りの牌の組み合わせや、テンパイの形に制限はありません。

全帯幺(チャンタ)

雀頭と四組の面子構成の全てに一、九、及び字牌が含まれているもので、二翻役となります。
鳴くと一翻になります。牌の組み合わせに制限はありません。

七対子(チートイツ)

七種類の七組の対子を作ってあがりとなる二翻役です。メンゼンでテンパイしなくてはなりません。
待ちは必ず単騎となります。同一牌を四枚で対子二組とすることはできません。

・小三元(ショウサンゲン)

白発中三元牌のうち、二種類で刻子、残りの一種で対子を作ると小三元となります。
残りの牌の組み合わせやテンパイの形には制限はありません。喰い下がりはありません。
この役自体は二翻ですが、必ず役牌が二つ入るため実質的には四翻となります。

・混老頭(ホンロウトウ)

全ての組み合わせを一、九、字牌の刻子(七対子の場合は対子)で揃えたもので、二翻役となります。
喰い下がりはありません。

・三色同刻(サンショクドウコー)

萬子・索子・筒子で同一数の刻子を完成させます。二翻役で喰い下がりはありません。
残りの牌の組み合わせや、テンパイの形に制限はありません。

・三槓子(サンカンツ)

暗槓、明槓を問わず三組の槓子があると二翻役となります。残りの牌の組み合わせや、
テンパイの形に制限はなく、喰い下がりもありません。


【 三翻役 】

純全帯幺(ジュンチャンタ)

雀頭と四組の面子構成の全てに一か九の数牌が含まれているもので、三翻役となります。
鳴くと二翻になります。面子の組み合わせに制限はありません。

混一色(ホンイツ)

雀頭と四組の面子全ての組み合わせを萬子、筒子、索子のどれか一種類の数牌と
字牌で揃えたもので、三翻役となります。鳴くと二翻となります。

・二盃口(リャンペーコー)

一盃口を二組揃えたアガリで、三翻役となります。この役はメンゼンに限られます。
形の上では七対子ですが複合しません。


【 四翻役 】

・人和(レンホー)
この役は子だけに与えられるもので、チー、ポン、カンの無い、純粋な一巡目以内に他家から出あがり
すると満貫になります。役満とするルールもあります。


【 六翻役 】

清一色(チンイツ)

雀頭と四組の面子全ての組み合わせを萬子、筒子、索子のどれか一種類の数牌で揃えたもので、六翻役となります。鳴くと五翻になります。牌の組み合わせに制限はありません。


【 役満 】

・天和(テンホー)
親が配牌の時点ですでに四面子一雀頭が揃っていると天和になり、役満です。

・地和(テンホー)
子が、チー、ポン、カンの無い純粋な第一ツモであがるとこの役満となります。

・国士無双

一、九、字牌をそれぞれ一枚ずつ、計十三枚集めて、その内のどれかを雀頭にしたものです。
雀頭のないテンパイ形の場合、一、九、字牌のどれでもあがれる十三面待ちとなり、ダブル役満扱いと
するルールもあります。

・大三元

白発中の三元牌を全て刻子(槓子を含む)で揃えたもので、役満となります。残りの牌の組み合わせや、
テンパイの形に制限はありません。

・大四喜

四風牌 東南西北 を全て刻子(槓子含む)で揃えたもので役満となります。
小四喜よりも難易度が高いためダブル役満扱いとするルールもあります。

・小四喜

四風牌 東南西北 のうち、三種類を刻子(槓子も可)残り一種を雀頭として、使用してあがる役です。
残りの牌の組み合わせやテンパイの形に制限はありません。

・四暗刻

暗刻を四組揃えたもので役満です。テンパイはシャボ待ちをツモるか、単騎待ちとなります。単騎待ちの場合、
ダブル役満扱いとするルールもあります。シャボ待ちのロンアガリは、三暗刻対々和になります。

・清老頭

雀頭と四組の面子構成全てを一、九牌の刻子(槓子を含む)で揃えたもので、役満となります。

・四槓子
 
自分一人で明槓、暗槓は問わず四組の槓子をつくると、役満となります。
テンパイ形は結果として単騎待ちになります。

・字一色
       
雀頭と四組の面子構成全てを字牌だけでそろえたあがりで、役満となります。

・緑一色

索子の “二、三、四、六、八” と、字牌の “発” の、緑色の牌だけを使ったあがりで、役満となります。
牌の組み合わせに制限はありません。「オールグリーン」と呼ぶこともあります。

・九連宝燈

萬子、筒子、索子の内どれか一種類で、一を三枚、九を三枚、二から八を一枚ずつと、雀頭を一から九までの 間で一つ揃えると、この役満となります。メンゼンに限られます。雀頭のない純正なテンパイ形は一から九ま でどれでもあがれる九面待ちとなります。九面待ちをダブル役満扱いとするルールもあります。
スポンサードリンク


前のページへ トップページへ