リーチについて

麻雀でアガるためには役がなければいけません。
麻雀の役は、ポーカーでいうワンペア、ツーペア、フルハウスといったものに相当します。
役の大きさは「翻(ファン・ハン)」という単位で数え、翻数が大きいほど点数がアップします。
一定の翻までは翻数が増えるごとに1000->2000->3900というようにアガリ点が倍々になっていきます。

麻雀には様々な役がありますが、
ここでは「立直(リーチ)」という役について説明します。
以前、アガリまであと一手という状態を「テンパイ」と説明しました。
この状態までチー、ポン、カンの「鳴き」をしないで進めると、
「リーチ」をかけ、手を1翻アップさせることができます。
(チー、ポン、カンをしない状態のことを「面前(メンゼン)」といいます)
リーチ自体が1翻の役なので、たとえ手に役がなくてもリーチだけであがることもできます。
ただしリーチをかけた後は手を変えることができません。
そして千点をリーチ棒として場に出す必要があります。
また、みんなに宣言するので警戒されるというデメリットもあります。
Flash麻雀 天聖では面前(メンゼン)でテンパイまで進めると「リーチ」ボタンが表示されます。
リーチボタンを押してから、テンパイになるために要らない牌をクリックするとリーチをかけることができます。
スポンサードリンク


前のページへ 次のページへ トップページへ